事業内容

経営戦略・情報化戦略策定コンサルティングサービス

  • 経営戦略および情報戦略の構想・立案・策定支援

経営目標を明確にし、目標達成に向けた道筋(体制や施策、スケジュール)を明らかにすることが重要です。また、経営戦略を実現するには、業務の流れを変えたり、情報システムやツールを導入・活用したりすることも必要となります。システムインは経営戦略と情報戦略の構想策定段階から、立案、策定をお客様と共に進めてまいります。

  • 現状分析、評価、全体最適の実現に向けた、あるべき姿の全体像策定

現在の業務および情報システムの問題点を整理、分析して、それらの問題が解決された「あるべき姿」を描きます。個々の業務部門においては最適化された状態であっても、一連の流れとして見た場合や、経営者の視点で見た場合に問題があることも多く見受けられます。システムインは全体最適の視点で全体像を描きます。

情報システム構築プロジェクト推進・支援

  • 開発業者(ベンダー)選定のための提案依頼書(RFP)作成と調達先選定支援

情報システム構築を安心してまかせられる調達先(開発業者)を選定することは簡単なことではありません。第一に、お客様が求めている情報システムの内容を提案依頼書(RFP)という形で正しく示すこと、次に、業者からの提案書の内容を評価・比較して最良の業者を選定することが必要だからです。システムインは、お客様企業のニーズを正確に伝える提案依頼書を作成し、評価基準の策定と評価作業を通して、最良の業者を選定できるよう支援します。

  • 情報システム構築プロジェクトにおける上流工程支援

情報システムの構築が開始されると、開発業者が主導して要件定義、概要設計、基本設計等の上流工程を実施します。これらの上流工程は、要件ヒアリングへの対応や業者がまとめる仕様書、設計書の確認など、お客様に大きな負担が発生します。システムインは、お客様と開発業者のつなぎ役の立ち位置で、上流工程が円滑に進むよう支援します。

  • 情報システム構築プロジェクトにおける開発業者管理

情報システム構築プロジェクトを、求められる品質で、予算範囲内で納期通りに進めるには、開発業者の進捗状況や体制面、運営面について随時確認し、問題の早期発見と解決を行うことが重要です。システムインは、豊富な経験をもとに、要所で的をとらえた管理を行い、プロジェクトを成功に導けるように支援します。

教育サービス

  • ITコーディネータの育成支援

システムインは、お客様企業のIT化を支援するための専門家であるITコーディネータの育成に力を入れています。ITコーディネータ制度の創設当初からITコーディネータ協会認定インストラクタとして、ITコーディネータ資格取得の必須要件であるケース研修の講師を務めています。企業内での教育実施のご要望も承ります。

ITコーディネータの育成支援